システムベットについて学ぶ

著者:vinogradik

システムベットについて学ぶ

マーチンゲール法の使い方

オンラインカジノで手軽にギャンブルを楽しみたい人は多いはずです。
「マーチンゲール法」を攻略法にして、手堅く「勝ち」をめざしませんか?

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とは
ギャンブルで「勝ち」をめざすためには、直感に頼った「賭けかた」は禁物です。
調子のよいときには「上手くいく」かもしれません。
しかし、いったん「負けの波」が押し寄せたら、「パニック状態」に陥ってしまいます。
そこで軍資金を「システマティック」に管理する手法が考案されました。
いわゆる「ベッティングシステム」です。
いくつかの手法が存在するのですが、その源流とされるのが「マーチンゲール法」なのです。
古典的ではあるのですが、「ベッティングシステム」の基礎となるものですから、習得をめざしてください。

マーチンゲール法・具体的手法について

「マーチンゲール法」の「ベットルール」は大変シンプルです。
具体的に説明しましょう。
「負けたら倍賭け」がルールです。
簡単でしょう?連敗したら、倍賭けを続ければよいのです。
1回でも勝てば、そこまでの負け分をすべて取り戻したうえに利益がでます。
理論上ではあるのですが、絶対に勝てる攻略法です。
「ものすごい攻略法……」。ギャンブル初心者から驚きの声が届きました。
確かにびっくりするのも無理はありません。
ただし、「マーチンゲール法」にはメリットがある反面、デメリットも存在しますから、理解を深めましょう。
これらに関しては、つぎの項目で解説します。

マーチンゲール法のメリット

マーチンゲール法のメリット
メリットは何といってもシンプルな「ベットルール」です。
複雑ですと、混乱します。
「マーチンゲール法」は1回でも勝てば、最初から始める形式です。
負けが続いても「ベット額」を倍にするだけですから、簡単に計算できます。
初心者でも取り組みやすい「ベッティングシステム」となります。
また、精神的に楽だと感じる声が寄せられました。
負けが少々続いても、1回の勝ちで取り戻せると思えば、精神を安定できます。
ただし、「想定以上」の負けが続いたときが問題です。
つぎの項目で触れましょう。

マーチンゲール法のデメリットについて

「マーチンゲール法」は「勝率50パーセント・配当2倍ゲーム」で活用することがセオリーです。
この場合における連敗の確率を表記しましょう。
まず、1敗する確率についてですが、これは「50パーセント」です。
当たり前です。
つづいて、2連敗は「25パーセント」、3連敗は「12.5パーセント」となります。
そして、10連敗する確率は「0.1パーセント」ですから、かなり低い確率です。
しかし、万一10連敗してしまうと、取り戻すためには「1024ドル」が必要となります。
準備した軍資金が少ないと、「マーチンゲール法」を続けられません。
ここが大きなデメリットです。
しっかりと認識しておきましょう。

玄人好みのシステムベット モンテカルロ法

オンラインカジノで「勝ち」をめざすならば、攻略法をしっかりと身に付けることが大切です。
オススメの手法を紹介しましょう。

ベッティングシステムについて

ベッティングシステムについて
基本的な攻略法として「ベッティングシステム」が推奨されています。
この手法は「軍資金」をマネージメントしながら「勝ち」をめざすものです。
ギャンブルは刺激的ですから、「賭け」のルールを作っておかないと「めちゃくちゃ」な賭けかたをしてしまいがちです。
ルールが大切です。
精神を安定させながら、冷静にギャンブルを楽しめます。

モンテカルロ法のやりかた(パート1)

「モンテカルロ法」は「ベッティングシステム」の一種となります。
高度な手法をつかいますから、最初は慣れないかもしれません。
しかし、使い慣れてくると「賭け」自体を楽しめるのではないでしょうか?さっそく具体的に話をすすめましょう。
まず「メモ帳」と「ペン」を用意してください。
そして、数列「1・2・3」を書き記しましょう。
この数列を使用して「ベット額」を導きます。
「ベッティングシステム」には「ベット額」を導くルールが必ず存在します。
「モンテカルロ法」の「ベットルール」は「両端の数字をプラス」することです。
1回目の「ベット額」を算出しましょう。
「1+3」で「4」になります。
お分かりでしょうか?ついてきてくださいね。
この勝負で勝てばよいのですが、負けてしまった場合には、数列に先ほどの「ベット額」を加えましょう。
すると数列は「1・2・3・4」になります。
このように数列を変化させるのがルールですから、しっかりと覚えて下さい。
そして、次の「ベット額」は両端の数字をプラスして導きましょう。
「1+4」ですから、「5」になります。

モンテカルロ法のやりかた(パート2)

ここまで理解できましたか?次に勝った場合を紹介しましょう。
負けた場合には数列の数字を増やすのに対して、勝った場合には数字を減らします。
「3倍以上の配当ゲーム」では、両端2つずつ数字を消し込みましょう。
そして、負けた時と同様に右端へ先ほどの「ベット額」を加えます。
できあがった数列の両端をプラスすれば、つぎの「ベット額」を導けます。
カジノゲームを勝ったり負けたりすれば、数列は長くなったり短くなったりします。
そして、最終的に数列の数字が無くなれば「セッションの終了」です。
最初に連敗すると、「セッション」を終わらせるには時間がかかります。
「モンテカルロ法」は、じっくりとカジノゲームを攻略したいときに最適な攻略法となります。

著者について

vinogradik administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。